キャバクラ嬢の基本を押さえて指名を獲得!

おもてなしの心”を忘れなければ大丈夫

接客というのは、誰がやっても同じではありません。

スポーツと同じで、プレイヤーが異なれば結果は変わってくるもんなんです。

時給の分だけ稼げればいいというなら話はこれで終わりですけど、

「少しでも多くの収入が欲しい」

「このお店でナンバーワンになりたい」

なんて思う女の子がいたら、ちゃんとした接客術を身に付ける必要があります。

とは言っても、別にそんなに難しくはないんですよ。

大事なのは意識です。

何も考えずに接客していたら、お客様もこちらのことを気になってはくれません。

意識を高めることで、やっと男性もその気になってくれるんですね。

意識の中でも一番大切にしたいのは、おもてなしの心を持つこと。

どんな男の人に対しても、必ずこの心を持つことが大切です。

そうすれば自然にお客様が好むような対応ができるようになりますよ。

意識や心の持ちようというのは、絶対に行動に出てきますからね。

初心者でも未経験者でも、このおもてなしの心は持つことができるはずですから、衣装を着てメイクをして髪型を整えている間に、この気持ちを整理して、「精一杯もてなすんだ!」という気持ちでお店に出るようにしましょう。

この気持ちを持つと、お客様が何を求めているかが少しずつわかってもきます。

相手をする男の人が何を考えているかわからないなら、その心理を読むためにも、おもてなしをする心を持つことから始めてみることをおすすめします。

お客様ノートをつけるのは必須ですよ

 

[お客様の情報を整理して、その情報から得られたものを参考に、お客様が求めることを提供するというのもキャバクラ嬢に欠かせない考え方になります。

具体的にわかりやすく言ってしまうと、お客様ノートをつけましょうということですね?

いくらおもてなしの心を持っていても、情報がゼロだったらお客様が何を求めているかを知るのは難しいですよね?

私もこのお客様ノートをつけるようになって売り上げが変わりました。


指名数も増えましたし、客単価も上がりましたよ。

例えばキャバクラのお仕事を赤羽で探す場合、銀座とか六本木みたいに高額時給を期待するのは難しいです。

それでも私は接客術を磨くことで、銀座などのエリアのキャバ嬢に匹敵するくらいのお給料を受け取っています。

全てお客様ノートのおかげですね。

これも別に難しい話ではありません。

お客様が喋ったことを中心に、行動や仕草、癖などをノートにまとめておくんです。

それを次の来店時に活かすことはもちろん、他のお客様に対しての参考資料としても使うことができますよ。

同じような職業に就いているお客様がくれば、そこから話題を広げられるとか、そんな風にも使えるんです。

同じ話を何度もしてしまうと相手にも失礼ですから、このノートのおかげでトラブルも避けることができます。

お客様ノートをつける作業って、疲れてると面倒にも感じがちですけど、これは指名数アップに繋がりますから、絶対にやっておくべきですよ。