フリーのお客様の獲得がキャバ嬢の至上命題

キャバクラ嬢として働けば、働いた時間分だけお給料として受け取ることができます。

でも、売り上げが全然上がらないとペナルティがあったり、指名や同伴のノルマが達成できないと時給額が下がってしまったりと、結局お客様をしっかりと獲得しなければ、満足な収入を得られなくなってしまうんです。

赤羽のキャバクラにもありますからね、ノルマやペナルティのあるお店が。

キャバ嬢が売り上げを獲得するためには指名してもらわないといけません。

特に大事にしたいのがフリーで来たお客様です。

このフリーの男性に場内指名してもらうことができれば、それが今後の本指名や同伴などにつながると考えると、おろそかにしちゃいけないことがわかるのでは?

ここを理解していないキャバクラ嬢も本当に多いんです。

一度指名してもらったお客様に対して躍起になって営業をかけても、あまりうまくはいきません。

だったら、出勤している時に来店したフリーのお客様をいかに自分の顧客にできるか、ここを重視して接客した方が絶対にいい。

まずはこの意識を持つことから始めてみましょう。

印象に残すために他のキャストとの違いをアピール


画像引用元:http://tyi.jp/gold/column/

「フリーで来たお客様から場内指名をゲットするんだ!」という意識が出来上がったら、次は具体的な接客テクニックによって指名してもらえるように動いていきます。

女の子によってキャラクターが違ったり得意不得意があるので難しいところですけど、共通しているのは印象に残る接客をすることです。

男の人に自分を印象付けるには、他のキャストに埋もれてしまってはいけません。

つまり、周りのキャストとは別の雰囲気やキャラで違いをアピールする必要があるんですね。

伝説のキャバ嬢と呼ばれる立花胡桃さんの接客テクニックなんかをみると、参考になる事が多くあります。

例えば、周りの女の子がみんな積極的だったら、敢えてちょっと引いて大人しめの女の子を演出してみるのも実は効果的だったりします。

私がよく使ってるのは方言ですね。

みんながギャルっぽい言葉使ったり馴れ馴れしく接している時には、敢えてちょっとなまってみると、男の人は「おっ、かわいいかも」なんて思ってくれるんです。

それで何人もの指名をゲットしたことか(笑)。

他にも、スペックの高そうな男性に対しては経済に関する話を振ってみたり、武勇伝を話し出したら興味津々で聞いてみたりと、他の女の子にはできないことをしながら指名を獲得してきました。

こんなことが自然とできるようになると、確実に指名数は増えていきます。

どうやったら印象に残るキャバ嬢になれるか、これを考えながら、時にキャラも変えつつ接客すると、男性が気になってしょうがない存在になれますよ。